映画を中心とした興味
by sonobasho
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
大島渚監督「夏の妹」についての仮説(こじつけ?)
夏の妹 '72 創造社/ATG 監督:大島渚
出演:栗田ひろみ/石橋正次/小松方正/リリィ/殿山泰司/佐藤慶/小山明子/戸浦六宏
特集上映 オキナワ映画クロニクル@シネマアートン下北沢にて

復帰直後の沖縄を舞台に、異母兄かもしれないという青年(石橋正次)に会いにやって来た少女(栗田ひろみ)の兄探しのストーリーを主軸として、その父親(小松方正)と婚約者(リリィ)、青年の母(小山明子)、青年の父であるかもしれないもう一人の男(佐藤慶)、さらに戦争の呵責により沖縄を訪れた男(殿山泰司)、沖縄民謡の歌手(戸浦六宏)らが交錯する人間模様を描く。

栗田ひろみの演技が硬いとか、ストーリー展開や感情移入の点ではドラマ性が薄いとか、難点もあるが、妙におもしろいような気がしてしまう異色作。2人の男のどちらが父親かはっきりしない青年というのが、日本とアメリカの間で揺れる沖縄を象徴しているのだろうか。
1972年当時の沖縄を撮ったということの意味も大きいといえる。実は、そのあたりの生々しさを期待して見に行ったところもあったのだが、どうも沖縄については背景として扱っているように見えてしまい、積極的に沖縄を撮ろうとしているという感じはあまり見られなかったように思う。それはそれで別に構わないし、それなりに面白かった。

そこで、ひとつの仮説として思いついたのは、アクチュアルな沖縄そのものを取り上げたいというのでなく、ある異界としての沖縄を描きたかったのではないか。さらに言えば、黄泉の国という異界かもしれない。前半で栗田ひろみとリリィが殿山泰司に伴われて観光するのは、戦跡および沖縄式墓地という死者の場所であるし、このような仮定のもとでは、終盤に、浜辺で登場人物8人全てがそろう白昼のパーティの奇妙さ(一見なんの変哲もないようだが、やはりどこか尋常でない雰囲気がする)が、もしかしてこれは黄泉の国の死者たちの語らいなのではないかと見えてきてしまう。ややこじつけかもしれないが、皆白い服をまとっているし、白い服でない2人の人物(栗田ひろみと石橋正次)は、宴から逃げ出し(それを他の人物たちが追ってくるところの情景はかなり異様に見える)、後に生還する。そうやって考えてみると、オープニングタイトルのシーンが船が航行していく海をずっと映しているのは(波模様が美しく見惚れてしまうほど素晴らしい画面だと思う)、異界へのワープのようにも思え、ラストは沖縄から船が出航するシーンであるのは、この作品が少女の地獄めぐりの旅であることを示しているといえるのではないだろうか。

とにかく出てくる役者たちがある意味で皆コワイと思う(なんというか、絶対に目が笑っていない感じがする)。いずれの人物も、何を考えているのか分からない感じがして奇妙だ。
[PR]
by sonobasho | 2004-07-18 08:20 | どう観たか?
<< 浅草東宝「ジャパニメーション・... 「青山ブックセンター 閉店」を... >>